野球には9回制と7回制がある

野球において、9回制と7回制があります。それ以外に終わるものとしてはコールドによるものがあります。

野球には9回制と7回制がある

野球には9回制と7回制がある スポーツにおいては、試合が始まると最後まで休みなく続けられるものもあれば、セット制になっている、前後半制になっているようなものがあります。セット制の場合は一定セットを先取すれば勝ちになります。前後半戦は途中にハーフタイムがあって休憩をしますが、前後半の得点の多い少ないで勝敗を決めるものになります。野球に関しては、セット制でもなく、前後半制でもありません。また休憩が一切無いものとも言えないところがあります。

独特のルールとして回を用いるものになっています。攻撃と守備とがあり、攻撃の時のみ得点が入ります。自身が攻撃をし、相手が攻撃をして1回になります。これを9回繰り返すものが9回制と言われています。プロ野球や高校野球など広く知られているものは9回まで行うようになっています。ではそれ以外はないかですが、7回生のものがあります。女子プロ野球があるのですが、こちらでは7回制が取られています。中学生の大会などでも7回制があります。

その他にコールドと呼ばれる制度があり9回や7回以外で決着するものがあります。天候などの影響で試合が継続できない場合、一定回数まで終わっていれば試合を成立させます。また得点差が大きく開いた場合にも終わることがあります。

Copyright (C)2014野球には9回制と7回制がある.All rights reserved.